トイレの詰まりは本当に困ってしまいますよね。ほとんどの場合突然起こってしまいますし、すぐに修理しなければ生活に支障が出てしまいます。修理業者に連絡して治してもらうのが最も確実なのでしょうが、費用が結構掛かってしまいますし、真夜中ならすぐに駆け付けてくれないこともあるでしょう。

一刻を争う事態だからこそ、自分で修理する方法があります。ここで紹介するのは、吸引器を使って修理するやり方です。この方法は主に紙などが原因で詰まってしまったものに有効です。トイレにはトイレットペーパー以外は流さないのが基本ですが、ティッシュペーパーや生理用品も紙製品なので問題ないだろうと思っている人もいるようですが、これらはトイレットに比べると水に溶けにくいのです。

したがってトイレに流すと詰まりの原因となってしまうのです。紙製品などが原因で詰まった場合には、すぐに修理しないほうがいいこともあります。なぜなら、少し時間をおいて紙をふやかすことで簡単に修理できることがあるからです。また、水が流れないからと何度もトイレレバーをひねって水を流す人がいますが、これもNGです。

水を流せば流すほど詰まりの原因である紙製品は奥へ奥へと入って行ってしまいます。最悪の場合、水があふれかえってしまうことにもなりかねません。奥に進んで詰まれば取り除くのがさらに困難になるので、詰まったと思ったならまずは詰まりの原因を見つけて取り除くようにしましょう。

節水のために貯水タンクの中にペットボトルなどを沈めている人も少なくないようですが、これで水圧を下げてしまいしっかりと水を流すことができなくなっているケースも見らるので、とりえずは取り除きましょう。

◆吸引器を使えば簡単なトイレの詰まりの修理も可能
ここでは、吸引器を使って自分でトイレの詰まりを修理する方法を説明します。吸引器とはゴム製のカップで、いわゆる「スッポン」などと呼ばれているものです。もしくは真空式バキュームクリーナーを使用します。吸引カップなら100円ショップなどでも手に入りますから、万が一の時のために常備しておいてもいいかもしれませんね。

トイレの詰まりは自分自身で修理してしまおう

真空式バキュームクリーナーでも通販で1,000円から2,000円程度で購入できます。ゴミ袋などのビニールの中央に穴をあけてそこに吸引カップなどを通し、ビニールで便器を覆うと詰まりが飛び散りにくいのでおススメです。詰まりは異物が水をせき止めている状態ですから、それを取り除く必要があります。

取り除く際は、その異物を手前に移動させるように吸引するのがコツです。カップを押し当てて引くときに力を掛ける、これを何度か繰り返せば徐々に異物が手前に移動して隙間ができトイレの水が流れるようになるでしょう。異物が取れたようなら、バケツなどを使って少しずつ水を流して確かめてみましょう。

まだ水が流れないようなら詰まりは取れていないので、再度吸引が必要です。この時バケツの水を使わずにトイレレバーで水を流すと詰まりが取れていなければ水があふれ出してしまうので要注意、必ずバケツの水で行ないましょう。また、いったん詰まりが直ったと思ってもまた詰まってしまうこともあります。

その場合は紙製品ではなく硬い異物が詰まっていて、紙を流した時にその紙が詰まっているのかもしれません。そんな際にはまた別の方法を試してみなければなりませんが、紙製品の詰まり程度ならこの方法で修理が可能のはずです。これで突然のトラブルに対処できますし、業者に頼む無駄な出費を抑えることもできますよ。